渋温泉 湯本旅館 メイン画像

お宿のHPへ

渋温泉

渋温泉 湯本旅館

しぶおんせん ゆもとりょかん

古きよき時代が薫る温泉街と源泉掛け流しの効能豊かな名湯を独占

渋温泉は1300年以上の歴史を誇る北信濃の名湯。石畳の続く温泉街には、木造旅館や土産店が立ち並び、下駄の音と浴衣姿でのそぞろ歩きが似合う、レトロな温泉情緒にあふれている。その趣ある街並みの中心にあるのが「湯本旅館」。大正ロマンの薫りを残す、今では貴重などっしりした木造りの建物が渋温泉の風情にしっくりと溶け込んでいる。 豊富な湯量と効能を誇る温泉は、加水・加温・循環もしていない自家源泉100%の掛け流し。6~7人がゆったりと入れる岩造りの露天風呂は貸し切りで入浴でき、日頃の疲れをじっくりと癒すことができる。また、男女別に設けられた檜の内湯には、露天風呂とは泉質の異なる温泉が引かれているのも魅力だ。 食事は信州の山の幸が満載で、キノコの酢の物や紅鱒のタタキ、仕上げのお茶漬けまでボリューム満点。宿名物のきのこまんじゅうも味わってみたい一品。また、体の中から健康になれる「九穀ごはん」が、宿の食事や渋温泉のお土産としても好評だ。

フォトギャラリーを見る

今月のお得プラン

渋温泉 湯本旅館 プラン画像1

このページの先頭へ